Mosoku's linux-challenging room
Home
更新:2003/4/29

Window manager
Fluxboxをインストール

Linuxはwindowsと違いいろいろなディスクトップに切り替える、変更することができます。
代表的なものが、「KDE」「Gnome」です。
最初にインストールした「Turbolinux7」では「KDE」を使っていました。
非常にwindowsと同じような操作、画面で違和感なく使用していました。
その後、「Window maker」というものを知り、インストールしました。
まず、思ったのが「KDE」に比べ非常に軽いということでした。
以来、「blackbox」「Xfce」「icewm」などいろんなWindow managerをインストールしてきました。
ただ、すんなりとは行かないものが多く、苦労してきました。
今回新たに「Fluxbox」というものを見つけました。
早速これを「Redhat8」にインストールしてみました。
以下、簡単にインストールメモを残して置きました。


最新版ソースを入手する
http://fluxbox.sourceforge.net/
から「DOWNLOAD」ページへいき

fluxbox-0.1.14-1.src.rpm

をDLしました。
リビルドする
いままで「バイナリパッケージ」を利用してインストールして来ましたが、今回初めて「ソースパッケージ」からインストールすることになりました。

ソースパッケージの場合には、まずリビルドする必要がありました。
コマンドは、「rpmbuild」です。
まず、「rxvt」を起動しました。
「tmp」フォルダにDLしましたので、その場所に移動しました。

[user-1@localhost user]$ cd /tmp
[user-1@localhost tmp]$
 
そして、リビルドするために
[user-1@localhost tmp]$ rpmbuild --rebuild fluxbox-0.1.14-1.src.rpm
と入力しました。

[user-1@localhost tmp]$ rpmbuild --rebuild fluxbox-0.1.14-1.src.rpm
fluxbox-0.1.14-1.src.rpm をインストール中
エラー: cannot write to %sourcedir /usr/src/redhat/SOURCES
エラー: fluxbox-0.1.14-1.src.rpm cannot be installed

[user-1@localhost tmp]$

見事にエラーで出来ませんでした。
ユーザーでは出来ないということでした。
そこで、スーパーユーザーでログインし直し再度リビルドしました。
[user-1@localhost tmp]$ su
Password:
[root@localhost tmp]# rpmbuild --rebuild fluxbox-0.1.14-1.src.rpm
[root@localhost tmp]# rpmbuild --rebuild fluxbox-0.1.14-1.src.rpm rpmbuild --rebuild fluxbox-0.1.14-1.src.rpm
fluxbox-0.1.14-1.src.rpm ,A$r%$%s%9%H!<%kCf(B
,A7Y9p(B: user han does not exist - using root
,A7Y9p(B: group han does not exist - using root
,A7Y9p(B: user han does not exist - using root
,A7Y9p(B: group han does not exist - using root
Executing(%prep): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.19018
+ umask 022
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ LANG=C
+ export LANG
+ rm -rf /var/tmp/fluxbox-buildroot
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ rm -rf fluxbox-0.1.14
+ /usr/bin/bzip2 -dc /usr/src/redhat/SOURCES/fluxbox-0.1.14.tar.bz2
+ tar -xf -
+ STATUS=0
+ '[' 0 -ne 0 ']'
+ cd fluxbox-0.1.14
++ /usr/bin/id -u
+ '[' 0 = 0 ']'
+ /bin/chown -Rhf root .
++ /usr/bin/id -u
+ '[' 0 = 0 ']'
+ /bin/chgrp -Rhf root .
+ /bin/chmod -Rf a+rX,g-w,o-w .
+ exit 0
Executing(%build): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.40722
+ umask 022
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ cd fluxbox-0.1.14
+ LANG=C
+ export LANG
+ export AUTOMAKE=automake
+ AUTOMAKE=automake
+ CFLAGS=-O2 -march=i386 -mcpu=i686
+ export CFLAGS
+ CXXFLAGS=-O2 -march=i386 -mcpu=i686
+ export CXXFLAGS
+ FFLAGS=-O2 -march=i386 -mcpu=i686
+ export FFLAGS
+ ./configure --host=i686-pc-linux-gnu --build=i686-pc-linux-gnu --target=i386-redhat-linux-gnu --program-prefix= --prefix=/usr --exec-prefix=/usr --bindir=/usr/bin --sbindir=/usr/sbin --sysconfdir=/etc --datadir=/usr/share --includedir=/usr/include --libdir=/usr/lib --libexecdir=/usr/libexec --localstatedir=/var --sharedstatedir=/usr/com --mandir=/usr/share/man --infodir=/usr/share/info --bindir=/usr/X11R6/bin --mandir=/usr/X11R6/man --enable-debug --enable-kde --enable-xinerama
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
/usr/src/redhat/BUILD/fluxbox-0.1.14/missing: Unknown `--run' option
Try `/usr/src/redhat/BUILD/fluxbox-0.1.14/missing --help' for more information
configure: WARNING: `missing' script is too old or missing
checking for gawk... gawk
checking whether make sets ${MAKE}... yes
checking for i686-pc-linux-gnu-gcc... no
checking for gcc... gcc
.
(中略)
.
.
+ umask 022
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ cd fluxbox-0.1.14
+ DOCDIR=/var/tmp/fluxbox-buildroot/usr/share/doc/fluxbox-0.1.14
+ export DOCDIR
+ rm -rf /var/tmp/fluxbox-buildroot/usr/share/doc/fluxbox-0.1.14
+ /bin/mkdir -p /var/tmp/fluxbox-buildroot/usr/share/doc/fluxbox-0.1.14
+ cp -pr AUTHORS COPYING ChangeLog INSTALL NEWS README TODO /var/tmp/fluxbox-buildroot/usr/share/doc/fluxbox-0.1.14
+ exit 0
Finding  Provides: /usr/lib/rpm/find-provides
Finding  Requires: /usr/lib/rpm/find-requires
PreReq: /bin/sh rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 rpmlib(CompressedFileNames) <= 3.0.4-1
Requires(interp): /bin/sh
Requires(rpmlib): rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 rpmlib(CompressedFileNames) <= 3.0.4-1
Requires(post): /bin/sh
Requires: /bin/sh libICE.so.6 libSM.so.6 libX11.so.6 libXext.so.6 libXft.so.2 libXrender.so.1 libc.so.6 libc.so.6(GLIBC_2.0) libc.so.6(GLIBC_2.1) libc.so.6(GLIBC_2.1.3) libfontconfig.so.1 libfreetype.so.6 libgcc_s.so.1 libgcc_s.so.1(GCC_3.0) libm.so.6 libstdc++.so.5 libstdc++.so.5(GLIBCPP_3.2)
Checking for unpackaged file(s): /usr/lib/rpm/check-files /var/tmp/fluxbox-buildroot
: /usr/src/redhat/RPMS/i386/fluxbox-0.1.14-1.i386.rpm
Executing(%clean): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.89395
+ umask 022
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ cd fluxbox-0.1.14
+ rm -rf /var/tmp/fluxbox-buildroot
+ exit 0
Executing(--clean): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.89395
+ umask 022
+ cd /usr/src/redhat/BUILD
+ rm -rf fluxbox-0.1.14
+ exit 0
[root@localhost tmp]#


こんなながったらしいリビルドしている状況が続きました。
うまくパッケージが作成できたのだろうか。

リビルドしている文字からは次の文字が見つかりましたので、いいのかな?
/usr/src/redhat/RPMS/i386/fluxbox-0.1.14-1.i386.rpm

インストール
インストールには、「GnoRPM」を利用しました。





Sessionsを編集
「mc」で編集しました。何かと重宝しているソフトです。



当然この編集には「スーパーユーザー」で行ないました。
/etc/X11/gdm/Sessionsに
Fluxboxというファイルを作ります。
この中には次のものがありました。
  • Default 
  • Failsafe
  • GNOME 
  • KDE 
  • Window Maker 
  • XFce 
  • default
「GNOME」を選択し、ファンクションキー「F5」(コピー)で
  • Fluxbox
を追加しました。
このファイルを選択し次のように変更しました。

exec /etc/X11/xdm/Xsession gnome

exec /etc/X11/xdm/Xsession fluxbox
としました。

そして、次に
/usr/share/apps/switchdeskに
Xclients.fluxboxというファイルを作りました。

同様の操作で
Xclients.gnomeを Xclients.fluxboxとしてコピーしました。

そして、このファイルを選択し次のように変更しました。
exec gnome-session

exec /usr/X11R6/bin/fluxbox
としました。
起  動
  1. 起動時のシンプル画面


  2. アプリ起動画面

    ブラウザは、「Opera」です。
    CADは、「Sagcad」です。
    他に、「Sylpheed」「Gimp」などを起動してみました。

  3. 今後の課題
    壁紙、メニュー登録などは今後の課題です。

メモリ使用状況
freeコマンドでメモリの使用状況を見てみました。
起動してすぐに「rxvt」で見てみました。
  1. xfce
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:        449352     112940     336412          0      11148      50472
    -/+ buffers/cache:      51320     398032
    Swap:       915696          0     915696


  2. fluxbox
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:        449352     236176     213176          0      18956     162316
    -/+ buffers/cache:      54904     394448
    Swap:       915696          0     915696



  3. kde
                 total       used       free     shared    buffers     cached
    Mem:        449352     270352     179000          0      21288     177548
    -/+ buffers/cache:      71516     377836
    Swap:       915696          0     915696


Top
************** Home **************
SEO [PR] [ Windows7 fヲ ^T[o[ Cu`bg SEO